検証結果

帆立(焼成)
【材 料】 

スーパーで販売している殻付帆立    
      水  :200g



【作り方】

漬け込む水量に対して3,500倍でe-Link希釈。
水に2時間漬け込み、殻付きのまま15分間蒸焼き。




【焼成後】

左:3,500倍希釈             右:ノーマル





【高さ比較】

左:3,500倍希釈             右:ノーマル






【高さ比較】

左:3,500倍希釈             右:ノーマル




【検証結果】
 

帆立全体のプリプリ感が増す。

また、臭みを和らげる効果が期待できます。

 

●臭 い:ノーマルに比べ3,500倍は非常に和らぐ。
     (磯の香りがしっかりしている)

●焼成後:ノーマルに比べ3,500倍は高さが出ている。上から押すとノーマルは
     形が崩れるが、3,500倍は形が崩れずしっかりしている。

     食感はノーマルに比べて3,500倍はプリプリ感が非常にある。貝柱の
     繊維がしっかりしており弾力がある。