検証結果

スポンジケーキ
【材 料】 

小麦粉(薄力粉):100g   
   砂 糖:100g 
   卵  :3個



【作り方】

卵の量に対して500倍・800倍・1,000倍でe-Link希釈。
170℃のオーブンで35分焼成。



焼成後の重量】
(左からノーマル・500倍・800倍・1,000倍希釈)




焼成後の高さ比較】
(左からノーマル・500倍・800倍・1,000倍希釈)



焼成後の断面比較】
(左からノーマル・500倍・800倍・1,000倍希釈)




 ノーマル                500倍希釈


 800倍希釈               1,00倍希釈




焼成後比較】
 
●ノーマルが見た目・重量共に最も悪い。他の希釈分と同様の工程で生地作りを行ったが、膨らまなかった。
  焼成後の生地は希釈分に比べて弾力がなく固い。
●500倍は800倍・1,000倍と同じくらいに膨らんだ。しかし焼成後冷めてからは高さはあるが、生地がノーマルと同じくらい弾力がなく固い。
●800倍・1,000倍希釈の生地が最も膨らみ柔らかい。
  冷めても高さはほぼ変化なし。
●800倍・1,000倍希釈の比較では1,000倍の生地が800倍よりも膨らみ、柔らかく、焼成後の出来高も良い。


 
試  食】
 
●ノーマルは粉っぽさ・パサパサ感・砂糖のような甘みが強い。口の中でダマになっているような食感がある。
ノーマルと500倍希釈は同じような食感。(粉っぽさ・パサパサ感)

●800倍・1,000倍希釈はほぼ同じような食感で、生地がしっとりとして柔らかく美味しい。砂糖も全て同じ量だが、ノーマルに比べて甘すぎない。

●味がまろやかになっている。